ジャストな視力回復方法でくすみ・かすみ無しの視力維持

視力回復への道

眼球トレーニング

目薬

眼の酷使などにより、悪くなってしまった視力を回復させる場合に、多くはメガネやコンタクトを使用しますが、やはり手間暇が否めません。ある程度落ちてしまった視力は訓練や施術によっては回復することもあるので、あきらめずに、こまめな取り組みが視力回復には大切です。 視力回復でごく最近、最もポピュラーな方法として挙げられるのはレーシックが挙げられます。レーシックは痛みを伴うこともなく、即効性があり多くの人が利用しています。ただ一番気を付けなければならない点があり、それは医師によっての腕がまちまちなところが挙げられます。一番良いのはきちんとした専門的な知識と実績をもった医師のもとでの診断、および施術がなによりといえるでしょう。

レーシックには抵抗ある人には指を使用した視力回復トレーニングがお勧めです。指を使用したトレーニングといってもやり方は非常に簡単で、自身の指を前後左右に、時には8の字を書いたりして眼で追うことを指します。ただ長時間は眼に逆に負担がかかるので10分ないし20分をめどに行うのが大切です。 眼球は日頃からさまざまな場所で使用されているので、程よい休息が大切です。その中でも眼を温めるのは善い行いと言え、血流の流れををよくして視力回復トレーニングの効果を高めます。 眼にはブルーベリーも効果があるといいます。ここ最近ではブルーベリーエキスを濃縮したサプリメントもあるので、併用するとさらなる効果を望めることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加