ジャストな視力回復方法でくすみ・かすみ無しの視力維持

手軽に視力回復を

まずは温めることを

白衣

視力回復をネットなどで検索すると様々な方法や手法があります。ただその多くはレーシックなどの手間暇がかかるものも多々あります。一昔前よりも少し視力が落ちたなという場合であれば、日ごろのきちんとしたケアで視力が持ち直したり、眼精疲労が楽になるなど良い効果をもたらします。 視力回復における、きちんとしたケアの中でまず行いたいのは眼を温めること、そこから始めます。眼精疲労や視力の低下は眼の周りの筋肉などが凝り固まって引き起こされている場合があるので、それらを防ぐためにお湯でしぼったタオルなどで10分から20分ほど眼の上に載せて温めることがお勧めです。 また目の周りのツボや手のひらでのゆっくりとしたマッサージもお勧めです。

視力回復におすすめ食材

上記で述べたように温めたりマッサージしたりして眼の周りの筋肉がほぐれてきたら、遠くを眺めたりなどの眼の運動を行うと相乗効果でさらによいといえます。眼は腕や胸の筋肉と同じように、常日頃から鍛えることを意識するとよいでしょう。 眼の視力回復の補助にために食事にこだわるのもお勧めです。務めて有名なのはブルーベリーですが、それら以外でもビタミンEや亜鉛を多く含む食材もよいといえます。ちなみにビタミンEは血行促進作用があり、エビ、イカ、かぼちゃ、ほうれんそう、じゃがいもに豊富に含まれています。亜鉛は眼の機能の低下を予防する働きがあり、牡蠣や赤貝、レバーなどに含まれております。 上記のように視力回復に効果的な食材を選別するのが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加